イタズラする子にどんな対応をしていますか?

16042301

 

自宅の愛犬が、トイレの失敗をしたり、テーブルの上の食べものを無断で食べたり…

犬を飼ったことがある人は皆さん経験があるかと思います。

「いけない!!」と言った後、愛犬は申し訳なさそうに目をそらせたり

下を向いてしまったりすることはよくありませんか?

 

そのとき、私たちは愛犬がいかにも自分の行為を「反省」しているように見えますが、

犬が頭で考えて反省をしているとは思えません。

 

むしろ犬にとっては自分が何をしたかではなく、

飼い主がどんな対応をしているかという事が重要と言われています。

 

犬は、飼い主にしかられることが何よりも嫌で、飼い主にしかられて

張感が高まると、犬は自分自身の緊張感や不安感をやわらげ、

相手の怒りをしずめるために、いろんなしぐさをします。

 

これは「転位行動」と呼ばれています。

(転位行動…あくびをする、目をそらす、目を細める、何かをさがしているふりをする、

相手が見えていないようなふりをするなど、約30種近いしぐさが知られています。)

 

たとえば、飼い主が一生懸命マテやフセ、オスワリなどを教えているのに、

犬のほうがは一見、やる気なさそうにしているのを見て、がっかりしてしまう時があるかと思います。

 

これは、その犬にやる気がなかったり、トレーニングに飽きてしまっているのではなく、

その場の雰囲気や飼い主のきびしい態度のに極度に緊張してしまい、

その緊張をほぐすためにあくびをしているそうです。

 

このような「転位行動」を示している犬に、「あくびなんかして」とか、

「飽きっぽいんだから」などと言って、愛犬をきつくしかったり、

ひどい場合には叩いたりする人も中にはいるかと思いますが、

これは、緊張感、不安感、恐怖感を感じている犬に、さらに大きなストレスをかけることになります。

 

犬のほうでは、自分のストレスを解消し、相手の怒りをなだめようとして、

いろんなシグナルを送っているのに、それを理解してくれず、

一段と強くしかられるのですから、追いつめられて、飼い主にほえたり、

かみついたりしてしまうこともあります。

 

飼い主にほえたり、かみついたりすると、すぐに「問題行動」と取られ、

犬に何か「問題」があるかのように言われがちです。

 

しかし、その原因が犬の習性やしぐさに無理解な人のまちがった態度、

対応にあることも少なくありません。

 

犬は、飼い主が怒っている、喜んでいる、といった気持ちを察することはできると思います。

 

トレーニングをする時は愛犬の気持ちになり、飽きさせない、

楽しいトレーニングを飼い主が考えてしていきたいですね!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る