犬の洋服のメリット・デメリット

160426_02

 

「ワンちゃんの洋服」についてのお話。

 

元々、犬には毛があるから「洋服を着せる必要はないのでは」と

思っている飼い主さんもいらっしゃるかと思います。

 

すでにご存知の方も多いかもしれませんが、

犬の毛の役割は「体を保護する」、「体温調節をする」といったことがあるので、

「今日は寒いから洋服を着させようかな」といった無理やり服を着せる必要はないのです。

 

しかし、逆に洋服を着せることによる利点もあります。

 

チワワなど暑い国で生まれた子は寒さにとても弱く、

冬はお洋服を着させてお出かけされている飼い主さんがほとんどです。

 

また、室内での毛の抜けを防止し、

太陽熱から守るための「保護的役割」、「防寒対策」もあります。

(室内犬は真夏に冷房で寒くなったお部屋での冷え対策として薄手の洋服を着せること)

 

「守る」という意味では、最近は皮膚の弱い犬も多いようなので、

紫外線などの外的ストレスから守ってあげる役割もあります。

 

特に、室内で飼っているワンちゃんは紫外線に特に弱いといわれています。

 

そして、黒い毛の犬は光を集めてしまうので、

白い毛の犬よりも紫外線を影響を受けやすいので、

洋服を着せることによって過度の紫外線から守ってあげることもできます。

 

また、虫除けにもなりますので、おしゃれをするという目的だけでなくて、

ちゃんとその役割を果たしてくれるのです。

 

愛犬に服を着させることは色々な意見がでていますが、

私は、室内犬でも室外犬でも、犬には用途に合わせた洋服の必要性を感じます。

 

そして、飼い主さんとして注意することは、洋服の素材やサイズ、

愛犬の肌との相性を見極めること、プロ分野の方に話し合いするなど、

「ご自分が着やすい洋服を選択する感覚」で選択してあげるのが一番良いですね。

 

犬は人間とコミュニケーションはとれますが、言葉を交わすことはもちろんできません。

 

いつも隣にいて、かわいい愛犬だからこそ毎日の観察、ちょっとした変化に気づいてあげて、

これから来る寒い季節も愛犬と楽しく過ごしていきたいですね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る