犬の「笑い」の秘密

160426_03

 

とってもかわいい顔をしていると思いませんか?

 

きっとほとんどの方がこの子を見て

「笑っているみたい!」というでしょう。

 

では犬は本当に笑うのでしょうか。

 

結論から言うと、犬が笑ったように見えるのは「人の笑いを真似している」と言われています。

 

犬は人に向かって、唇を上に開き、歯を見せ笑っているように見える事があります。

外見上、人の笑いと少し似ていますが、

犬は楽しくて(面白くて)笑っているわけではありません。

 

人が笑っているのを真似して、人に遊びを催促したりするときや仲がいい犬と一遊びした後、

そして、好ましい関係にある飼い主と一緒に遊んだ後などにこういった表情は見られます。

 

もともと「笑う」という行為は、「言葉を話す」という行為同様で、

人間以外の動物には見られないのです。

 

群れ社会で生きてきた犬の場合、相手の表情や動きを真似ることがよくあり、

自分の顔やからだを使い気持ちを表現するボディランゲージがよく発達しています。

 

「真似」の例を言うと、子犬のしつけ教室「犬のようちえん(R)」で、

犬同士、お互いが見えるようにオスワリの練習していたら、

その練習を見ていた子が、いつのまにかオスワリを覚えていたという事がありました。

 

また、みなさんの周りで一頭の犬が吠えたり、床をかきだしたりすると、

ほかの犬たちも同じようなことをする光景を見たことはありませんか?

 

これらも「まね」の一種といえます。

 

いつも飼い主のことを注目している犬が、

「人の笑い」を真似したとしても決して不思議ではありません。

 

しかし、この「笑い」の表情は、犬同士では見せず、

あくまで人と暮らすうちに犬が学んだ「人のまね」と言えます。

 

あなたは愛犬の「笑い」を見ていますか?

沢山見ている人は、愛犬にいっぱい笑顔を向けていてハッピーな気持ちにさせているということです。

 

愛犬の「笑い」を見るためには、飼い主が愛犬に対して笑いかけてあげることが大切なんですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る