ハウストレーニングって、していますか?

160426_06

 

子犬を迎えたらまず最初に行いたいトレーニングが「トイレ」と「ハウス」。

 

決まった場所でトイレができないといっしょに生活ができなくなってしまいますから、

トイレトレーニングはほとんどの方がされていることと思います。

 

では、どうしてハウストレーニングがオススメなのでしょうか?

 

★子犬のハウストレーニング 5つのメリット★

1.自分の場所を作ることで自立した子に

子犬は巣穴のような狭くて薄暗い場所に潜ることで安心します。

自分のハウスで休むことを習慣にすれば、人の後追いをするような

不安な気持ちもなくなり、精神的に自立した子になります。

 

2.トイレの失敗、いたずらの予防に

じゅうたんでのおしっこ、ゴミ箱をあさる、コンセントを噛むなどの悪い行動は、

あなたが目を離したスキに起こります。見ていられない時はハウスに入れることで、

悪い行動をしない習慣をつけることができます。

 

3.我慢を学ぶ

いつでもごはんも食べれて、おもちゃで遊べて、、と自由過ぎる環境で育った子は、

「自分の要求は通るはず」とわがままに吠えたり噛んだりする子になる傾向も。

子犬にとっては「我慢することも」大切なお勉強なのです。

ハウスに入る時間を作ることで、我慢強く、聞き分けの良い子に育ちます。

 

4.ハウスが好き!=ストレス知らず

車や飛行機でいっしょに旅行をしたり、ペットホテルや病院に預けたり、

もしかしたら地震で非難を余儀なくされたり、とこれから先何があるかわかりません。

普段からハウスに入って休む習慣がついている子は、

どこでもストレスなく過ごすことができますよ。

 

5.すべてのお客様が犬好きとは限りません!

もしお客様が犬嫌いの方だったら・・!

毛やよだれがついたら困る洋服を着ている方だったら・・!

そんな時もハウスで待っていられる子なら、大丈夫。うちの子が嫌がられてしまうのか

「いい子ね」とほめられるのかは、普段の習慣次第なのです。

 

※特に「クレート」と呼ばれるプラスチックでできているハウスを使ったトレーニングがオススメです。
クレートの大きさは、犬が立ったり向きを変えたりがぎりぎりできるくらいのぴったりサイズがベスト。
中には、ふかふかのタオルやクッションを入れて、リラックスできる場所にしてあげましょう。

 

house01

 

いかがですか?

ハウストレーニングは、家に来たその日から始めるのがBEST。

子犬の時からハウスに入ることを日常の習慣としてあげれば、

いつでもハウスで落ち着くことができるマナーの良い子に育てることができますよ。

 

「無理矢理ハウスに閉じ込める」ではなく、

「犬にとって安心できる自分の場所を作る」のがハウストレーニングです。

 

ハウスのメリットを知って、有効活用してみてくださいね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る